犯行の車?実弾見つかる 福岡県警が押収、北九州の発砲事件

西日本新聞 社会面

 北九州市小倉北区で1月、自営業男性の自宅に銃弾数発が撃ち込まれた事件で、福岡県警が事件に使われたとみられる車を押収し、車内から実弾1発を発見していたことが捜査関係者への取材で分かった。県警は防犯カメラの映像などから複数の男が事件に関与した可能性が高いとみて、銃刀法違反などの疑いで捜査している。

 県警によると、1月12日午前、同区黒原2丁目の男性宅から「玄関に拳銃で撃たれたような痕がある」と通報があり、駆け付けた捜査員が玄関や駐車場の乗用車に複数の弾痕を確認した。現場では複数の薬きょうや実弾1発が見つかった。

 その後の捜査で、県警は現場付近の防犯カメラに写っていた車を福岡県外で発見、押収。車内で未発射の実弾1発を見つけたという。

 捜査関係者によると、男性は県外に拠点を置く暴力団の関係者と金銭トラブルになっていたとの情報があり、県警が関連を調べている。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ