熊本・上益城の消防職員自殺 第三者委が上司のパワハラ認定

西日本新聞 社会面 長田 健吾

 熊本県上益城消防組合消防本部(同県御船町)の男性係長=当時(46)=が昨年5月、「上司からパワハラを受けた」と書き残して自殺した問題で、第三者委員会(委員長・古賀倫嗣熊本大名誉教授)は20日、「上司の指導は精神的な苦痛を与えるものだった」としてパワハラが自殺の一因と認める調査結果を公表した。同本部は19日付で直属の上司だった50代男性消防司令を停職6カ月の懲戒処分にした。

 調査によると、男性係長は昨年4月の同本部着任以降、消防司令から(1)仕事を丸投げされ質問すると「自分で調べろ」などと怒鳴られる(2)外部業者の前で叱責(しっせき)を受ける-などのパワハラを日常的に受けており、第三者委は「自殺の原因の一部になった」と認定した。

 男性は同5月7日に自殺。真相究明を求める遺族の請願を受けて設置された第三者委が関係者から聞き取りをしていた。古賀委員長は「上司側にパワハラに対する認識がなく、問題だ。研修や職場環境の改善が必要だ」と指摘した。

 長田聖一消防長は記者会見で「尊い命が亡くなり、申し訳なく思っている。再発防止に努めたい」と謝罪。男性の妻(47)は取材に対し「夫の無念は少しは晴らせたと思う」と涙ながらに話した。 (長田健吾)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ