『アジアの経済統合と保護主義』石川幸一、馬田啓一、清水一史 編著  

西日本新聞 文化面

 アジア各国は環太平洋連携協定(TPP)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などによる経済統合を目指してきた。しかし、米トランプ政権の保護主義政策がこれに立ちふさがる。中国は巨大経済圏構想「一帯一路」を掲げて、米国に対抗する。アジア経済はどこへ向かうのか。研究者らが読み解いた。編者の一人、清水・九州大教授は、自由貿易体制を守る上での日本の役割を強調している。 (文眞堂・3080円)

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ