ゆめタウン宗像「LIXILビバ」に譲渡 来春再オープン

西日本新聞 ふくおか都市圏版 床波 昌雄

 大型商業施設「ゆめタウン」を展開するスーパー大手イズミ(広島市)は19日、「ゆめタウン宗像」(福岡県宗像市田久2丁目)を、ホームセンターチェーンLIXILビバ(さいたま市)に事業譲渡すると発表した。譲渡日は8月31日を予定。2021年春に「ビバモール宗像(仮称)」としてオープンする。

 ゆめタウン宗像は、1999年に開業。JR鹿児島線赤間駅南側に位置し、鉄筋コンクリート5階建て。イズミ直営の食品売り場と、専門店や地元店がテナントで入居している。

 譲渡後もイズミは食品売り場の運営を継続する。イズミは「次世代型ホームセンターとわが社の食品売り場を融合し、専門店を組み合わせることにより幅広い客層を集客し、他社との違いを出したい」としている。9月1日以降、改装工事が始まるが、食品売り場の営業は続ける。 (床波昌雄)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ