患者ら600人検査へ 大分医療センターで集団感染12人 他機関に拡大も

西日本新聞 一面 岩谷 瞬 鬼塚 淳乃介

 大分県は21日、大分市の国立病院機構大分医療センターに入院していた元患者の80~90代男女5人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。広瀬勝貞知事は同日の記者会見で「クラスター(感染者集団)が発生したと言わざるを得ない」と述べ、センターの医療従事者と入院患者全員約600人に順次PCR検査を実施すると明かした。

 県が派遣要請していた厚生労働省クラスター対策班の職員1人は同日、センターに入った。県内の感染者は、センターに絡む12人を含めて計13人となった。

 新たに感染が判明した5人はいずれも大分市内にある他の四つの医療機関に転院しており、複数の医療機関で感染拡大が生じている可能性も出てきた。

 5人は同市在住で、80代男性2人、80代女性1人、90代女性2人。4人はセンター入院中に、既に感染が確認されていた30代男性医師らが担当。90代女性1人は、19日に感染が判明した同県臼杵市の60代女性と同じ部屋に入院していた。5人とも転院先の医療機関でPCR検査を受け、21日に陽性が確認された。80代男性1人を除く4人には、発熱やせきなどの症状がある。

 センターの医療従事者は約410人、患者は210人。感染者の濃厚接触者が対象のPCR検査だが、県は「院内感染が広がり、医療現場の安全確認が必要」として全員の検査を決めた。県内では1日最大120件の検査が可能だが、福岡県にも検査を依頼し、22日から検査を行うという。

 感染症専門の北九州市の山口征啓医師は「クラスターの全貌を解明し、濃厚接触者を把握することが重要だ。県は保健所に必要な人員や資金も投入してほしい。市民は、正確な情報を得て冷静な行動を心がけてほしい」と話した。 (岩谷瞬、鬼塚淳乃介)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ