オルタナティブスクール

西日本新聞

 NPO法人「森の育ち場」によると、今の公教育とは異なる理念や方針で運営される学校。不登校の子どもたちをサポートするフリースクールとも違い、「不登校だから代わりに通う」のではなく、その教育方針・学校が自分(子ども)に合っているから通うという場。子どもたちの学校の選択肢(オルタナティブ)の一つとして全国各地に登場してきているという。

関連記事:森を学びの場に「もう一つの小学校」 4月、北九州市に第1号

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ