大分、転院先で院内感染 医療センター関連の感染者20人に

西日本新聞 社会面 岩谷 瞬

 大分県は22日、新たに20~90代の女性8人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと発表した。このうち50代女性=大分市=は県立病院(同市)の看護師で、集団感染が起きた国立病院機構大分医療センター(同市)から転院した患者を担当していた。県は転院による2例目の院内感染が発生したと認定。県立病院は新型コロナウイルスに関する医療の中核を担う施設でもあり、濃厚接触者のPCR検査を急いでいる。

 これで県内の感染者は計21人。このうち20人がセンターに絡んだ感染者だ。少なくとも11人は同じ病棟の患者や担当する医師、看護師ら。感染患者のうち7人は、県立病院など大分市、同県臼杵市の計6医療機関に転院後に感染確認された。県はクラスター(感染者集団)の連鎖を防ぐため、濃厚接触者を特定し、検査を続けている。

 50代女性のほかに感染が確認されたのは、センターの20代女性看護師2人、30代と50代の女性看護師、入院中の80代女性患者=いずれも大分市、元入院患者の80代女性=同市=と90代女性=臼杵市。20代と50代看護師は感染者が多く出ている病棟に勤務する。8人に重症者はいない。

 県立病院は県内8カ所の感染症指定病院の一つで、感染者の病床数は最も多い12床。これまで県内の感染者を優先的に受け入れてきたが、感染した看護師が所属する神経内科については23日から当面、外来診療の受け入れ中止を決めた。

 県は、センターの関係者全員の約600人に対してPCR検査を順次行っており、22日午後8時半までに221人分を終えた。外来患者の症状を把握するため、1~19日にセンターを受診した人にせきや熱などの症状が出た場合、近くの保健所に相談するよう呼びかけている。

 

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ