医師は利益を図ってはならない

西日本新聞

 「自分の利益のためだけに医師になるのは、禄が欲しいという理由で君主に仕えるようなものだ。医師は一途に人の病を治し、救命に心を尽くす。わが身を捨て、君主への忠義に専心するのと同じだ。人を救えば利益は後からついてくる」養生訓より

 弱い動物だったホモ・サピエンスが生き残れたのは、互いに協力し共感できたからだそうです。だから、人間は自己中心的だと生きていけないのです。(橘京平)
―――――――
 貝原益軒(1630~1714年)は、福岡藩に仕えた儒学者です。医学者、博物学者、教育者でもあり、当時としては超人的長寿の84歳で没するまで「養生訓」「楽訓」「和俗童子訓」など多くの著書を遺しました。福岡の大先輩で、人生の達人とも言える益軒翁の言葉を、現代風に解釈して紹介します。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ