繁華街の人出、自粛で急減 福岡は27% 3月初旬のスマホ位置情報分析

西日本新聞 社会面 古川 幸太郎 中野 雄策

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福岡市天神・中洲地区の人出が昨年より27・8%減った-。東京のベンチャー企業がスマートフォンの位置情報を活用しまとめた全国調査で、そんな結果が示された。九州では熊本市や鹿児島市でも外出自粛の動きが出ていることが裏付けられた。確認されている感染者数が多い地域ほど人出の減少率が大きい傾向もうかがえた。

 調査は、マーケティングサービスを手掛けるクロスロケーションズ(東京)が、都内6カ所を含む全国の繁華街18カ所を対象に実施。衛星利用測位システム(GPS)によるスマホの位置情報データを提携先のアプリ企業から得て解析し、3月1~7日の人の流れを前年同期と比較した。

 それによると、全国で最も人出の減少率が大きかったのは東京・六本木の40%減。都内では新宿35%減、池袋34%減と、歓楽街での大幅な落ち込みが目立った。一方、全国で最も減少率が小さかったのは仙台市(仙台駅地区)の5・8%減だった。

 他都市より感染者が比較的多く確認された名古屋市(名古屋駅地区)や横浜市(みなとみらい地区)は、ともに36%を超える減少率。熊本市(上通・下通アーケード)は16・9%減、鹿児島市(天文館地区)は16・6%減だった。

 九州でも予断を許さない状況が続く。福岡市・天神の新天町商店街で唐揚げ専門店「みよしの食堂」を営む菊川尚美さん(57)は取材に対し「売り上げの減少が3割に及んでいて、じわじわ怖くなってきている」と不安を吐露。鹿児島市の天文館で洋服・雑貨店を経営する有馬勝正さん(76)は「観光客以外、昼間の人出にはあまり変化は感じないが、鹿児島でも感染が広がらないか不安だ」と警戒する。 (古川幸太郎、中野雄策)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ