コロナ終息願い込め

西日本新聞

 ☆新型コロナウイルスの影響で、大相撲春場所が無観客で開催されました。

 八角理事長は初日の協会あいさつで「力士の四股は邪悪なものを土の下に押し込む力があるといわれてきた」と説明。「大相撲の持つ力で、世の中に平安を呼び戻すことができるよう全力で努力する」などと述べていました。

 なるほどなぁと思いました。相撲は神事でもあります。2011年の春場所は八百長問題の影響で開催中止が決まったのですが、その後、東日本大震災が起きたことを思い出しました。

 あのときは神事を取りやめると決めたのが悪かったのかも、という気になりました。だから、今回の春場所開催が新型コロナウイルスの感染終息につながればと願います。(北九州市小倉南区、男性、86)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ