ダム地下で焼酎熟成 鹿児島・さつま町で地域おこし

西日本新聞

 九州最大規模のダム「鶴田ダム」(鹿児島県さつま町)の地下で、地元の焼酎を貯蔵、熟成させて味わう取り組みが始まる。町と町観光特産品協会、ダム管理所が連携して企画した。

 地下87メートルの通路の一角に保管された焼酎は年間を通して温度は20度前後。熟成するとまろやかな味になると期待され、「ダムで地域おこしにも貢献したい」と管理所。

 町内3蔵元の一升瓶が対象で、5月から地元酒店を通して募集開始する。年間保管料は焼酎代込みで1本1万500円。1年延長ごとに500円が必要で、20年まで延長可能。同協会=0996(53)1111。

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ