院内感染どう防ぐ? 「全国どこでも起こりうる」

西日本新聞 社会面 山下 真

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、大分県では国立病院機構大分医療センター(大分市)の院内感染をきっかけに、患者の転院先にも感染が広がる事態となった。医療機関での集団感染を防ぐには、どうすればいいのか。

 「クラスター(感染者集団)の発生は、全国どこの病院でも起こりうる」。大分大医学部付属病院の平松和史感染制御部長は警鐘を鳴らす。平松部長によると、新型コロナウイルス感染症は症状が分かりにくく、発見や診断が難しい。季節性インフルエンザと比べ、ウイルスを発見するPCR検査も手軽にできない現状から、医療機関での発見が遅れる懸念があるという。

 「せきや鼻水、発熱など風邪のような症状の患者が院内に多いなど、いつもと違う雰囲気があったかもしれない。ちょっとした異変に敏感になる必要がある」と指摘する。感染者が爆発的に増えたイタリア北部では、院内感染が相次いだことで医療従事者や人工呼吸器の不足が深刻化し、医療体制が追いつかない「医療崩壊」状態となった。

 院内感染を防ぐため、医療機関はどんな点に注意すればいいのか。久留米大の渡邊浩教授(感染制御学)は感染者の確実な発見と、マスク着用などの感染防止対策の徹底を呼び掛ける。「PCR検査の結果は100パーセントでない。検査して陰性だった患者でも、その後の経過観察で体調が安定しなければ、引き続き警戒する必要がある。地域内での感染拡大を避けるため、医療機関同士や行政が互いに情報共有し、相談することが大切だ」としている。 (山下真)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ