架空請求詐欺で大分市の70代男性が10万円被害か 電子マネーの利用権だまし取られる

西日本新聞

 大分南署は26日、大分市の70代男性が架空請求詐欺に遭い、10万円分の電子マネー利用権をだまし取られたとして、メールで注意を喚起した。署によると、男性の携帯電話に25日、料金未払いのメールが届いた。相手に連絡したところ「動画サイトの料金未払いがある。早く支払わないと裁判になる」などと言われ、相手の指示に従い、コンビニエンスストアで電子マネーを購入した。その番号を相手に教えたところ、10万円分の利用権をだまし取られたという。

PR

速報 アクセスランキング

PR

注目のテーマ