「日本に帰れない」日系学生、特別便対象外にSOS ペルー国境封鎖

西日本新聞 押川 知美

 「大学院の研究で訪れていた南米ペルーで国境が封鎖され、日本に帰れなくなった」。東京都在住の日系3世の男子大学生から西日本新聞「あなたの特命取材班」にSOSが届いた。世界を覆う新型コロナウイルス禍で各国に取り残された旅行者や若者は少なくなく、政府はチャーター便の手配など邦人保護に力を入れている。が、彼はペルー国籍のため“保護”対象外で、チャーター便への搭乗は認められないという。「日本で育ち、永住権もあるのに…」と嘆く。

 学生は早稲田大4年の日系ペルー人、ジャンコ・ペレス・ベラスコ・サンチェスさん(24)。5歳から日本で育ち、永住権を持っている。4月から早大大学院への進学が決まっている。

 ペルーの小学校で子どもたちの学力向上プログラムなどを研究するため、大学院の准教授と先輩院生(24)の計3人で3月末までの予定で現地入りしていた。

 しかし、新型コロナウイルスの感染者拡大で現地の学校が臨時休校となり、研究もストップ。現地時間15日午後8時にはペルー政府が緊急事態宣言を出し、16日までに国境と航空便の運航が停止された。

 ジャンコさんたちは15日夜に空港へ向かったが、どのカウンターも長蛇の列。フロア内では転売が横行しており、相場の何倍もする値でチケットが取引されていた。准教授は4500米ドル(約50万円)を支払ってチケットを購入して帰国。資金面に余裕のない先輩とジャンコさんは、とどまるしかなかった。

 在ペルー日本大使館に連絡したところ、23日に「台湾政府のチャーター機に乗ることができるかも」と返答があったが、乗れるのは日本国籍を持つ人だけに限られていた。25日には、日本政府がチャーター機を用意しているとの連絡も入ったが「日本国籍があるか、日本人の家族が同伴していないと、空席があっても乗せられない」と言われた。

 「空港では財産のある人とない人の選別、政府チャーター機では国籍を持っている人とない人の選別が行われてるのが実情」とジャンコさん。「日本で長く暮らし、両親は労働、自分は納税の義務も果たしてきた。どうして緊急時に権利も支援も受けられないのか」と悲しげに話した。

 ペルーは世界遺産のマチュピチュなどがある人気の観光地。領事局海外邦人安全課によると、ペルーでは空港だけでなく陸路や水路での出入国も禁じられ、旅行客など約260人の邦人が取り残されている。同課は「あらゆるケースを想定し、他国との連携や政府チャーター便の手配など必要な支援を行っている」と強調した。

 ペルー政府は26日に緊急事態宣言の延長を判断する予定。先輩院生は日本国籍があるためチャーター便に乗れる見込みだが、ジャンコさんの帰国のめどはたっていない。(押川知美)

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ