座って帰れる…西鉄が「有料座席」来春導入へ 天神大牟田線に平日夜

西日本新聞 布谷 真基

 西日本鉄道(福岡市)は26日、仕事帰りのサラリーマンなどが確実に座れる「有料座席」を天神大牟田線で来年3月のダイヤ改正に合わせて導入すると明らかにした。平日夜に福岡(天神)駅を出発する電車が対象。天神から所要30分以上の久留米や柳川、大牟田の各駅に帰る通勤客らの利用を想定する。

 福岡(天神)駅を午後8~10時に出発する大牟田行きで1時間に1本程度運行。乗車区間によらず1人300円を運賃に上乗せする方向で検討する。福岡(天神)と隣の薬院駅で客を乗せ、降車のため久留米以南の特急停車駅に止まる。

 車両は2人掛けの座席が並ぶ3000形車両を使用。座席指定はせず、座席数分のチケットを販売し、利用客は空席を自ら選んで座る方式とする。

 有料座席制は大都市部の鉄道各社で導入が進んでいる。(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ