悪質客引き見逃さない 福岡市が繁華街に防犯カメラ11台設置

西日本新聞 ふくおか都市圏版 泉 修平

 福岡市は27日、近年問題となっている繁華街での悪質な客引き対策として、博多駅筑紫口地区と天神・大名地区に計11台の街頭防犯カメラの設置を終えた。費用は約500万円。

 この日は、同市博多区博多駅中央街のJR西日本の建物外壁に作業員がカメラなどの機器を取り付けた。4月から新たに配置する対策指導員3人による巡回と合わせて運用を始める。悪質行為の抑止を図るほか、つきまといなど犯罪行為を確認した場合は証拠として警察への提供も検討する。

 市は2020年度にも両地区に約10台の防犯カメラを追加する。 (泉修平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ