日田彦山線復旧基金求める決議案可決 福岡県議会

西日本新聞 ふくおか版 大坪 拓也

 2017年の九州豪雨で被災し一部区間の不通が続くJR日田彦山線の復旧の在り方を巡り、福岡県議会は27日の定例会最終本会議で、添田町と東峰村の地域振興を長期的かつ安定的に継続させるため、基金新設などを県に求める決議案を可決した。

 決議では、小川洋知事に対し「自らの立場を明確にせず、住民に寄り添った問題解決に積極的に取り組まない現状は極めて遺憾」と批判。

 超党派の県議らでつくる「九州の自立を考える会」によるJR九州との意見交換や両町村への聞き取りを踏まえ、観光振興や住民の利便性向上などの重要性を説き、住民生活を支えるため地域を循環し、観光にも寄与する交通網の整備の検討も求めた。

 決議を受け、小川知事は記者団の取材に「地域振興の予算については基金も含め検討を進めていきたい」と述べた。 (大坪拓也)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ