「いいづかスポーツ・リゾート」4月開業 ホテル棟はバリアフリーに

 福岡県飯塚市が、庄内温泉筑豊ハイツ跡地(同市)で整備を進めている新たな宿泊施設「いいづかスポーツ・リゾート『ザ・リトリート』」が4月13日に開業する。施設はバリアフリーに配慮した「ホテル棟」のほか、テント棟やコテージ棟などで構成する「グランピングエリア」があり、自然を満喫しながらキャンプなども楽しめる。

 敷地内のテニスコートは飯塚国際車いすテニス大会の主会場で、選手の一部は旧筑豊ハイツの施設に宿泊していた。ただ、築40年以上の施設はバリアフリー対応が十分でなく、老朽化も進んでいたため、市が再整備を進めていた。

 施設名は「心身をリセットし、日常生活を新たにスタートするための場所」との位置づけから、隠れ家などを意味するリトリートとした。ホテル棟は15室あり、各部屋最大5人が宿泊できる。部屋には段差がなく、うち10室は風呂・トイレを引き戸にするなど完全バリアフリー対応とした。

 グランピングは「グラマラス(魅惑的な)」と「キャンピング」を組み合わせた造語。同エリアには2階建てコテージ5戸、テント6張り、キャンピングトレーラー4台を備えた。

 新施設は「ソニックスポーツ」(熊本市)が運営にあたり、5月からはテニススクールも始める。

 2人で宿泊した場合の1人当たりの最低料金(2食付き、夕食はバーベキュー)は、ホテル棟1万3915円▽コテージ1万6940円▽キャンピングトレーラー1万3910円▽テント1万890円。

 同施設は予約の受け付けを始めており、松尾正治支配人は「利用者には、少しでもリフレッシュして帰っていただきたい」と話している。ザ・リトリート=0948(82)3177。(田中早紀)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR