市内3例目女性の家族と医療従事者は陰性 北九州市

西日本新聞 北九州版 岩佐 遼介 東 祐一郎

 北九州市は29日、市内での新型コロナウイルス感染確認3人目となった自営業の50代女性の家族ら10人をPCR検査した結果、全員が陰性だったと発表した。

 市によると、女性は今月11日から18日までスペインとポルトガルに滞在し、19日に帰国。羽田空港経由で北九州空港から自家用車で帰宅した。24日に喉の痛みが出て、26日に発熱。28日までに市内の二つの医療機関を受診し、同日のPCR検査で陽性が判明した。女性は自宅中心の仕事で、症状が出た24日以降は公共交通機関の利用はないという。

 関係者のPCR検査は、せきなどの症状があった家族2人と女性が受診した医療機関の医療従事者8人を対象に実施した。 (岩佐遼介、東祐一郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ