サガバー営業1年延長 JR佐賀駅の立ち飲み店 安価と気軽さで人気

西日本新聞 佐賀版 金子 晋輔

 佐賀の地酒を立ち飲みで味わえるJR佐賀駅構内の「SAGA BAR」(サガバー)が来年3月まで営業を継続する。当初は今月で終了する予定だったが、好評だったため、さが県産品流通デザイン公社が1年間の延長を決めた。

 サガバーは昨年6月、県内の銘酒や陶器など県産品の魅力を体感できる店を目指してオープン。3銘柄の飲み比べセット(500円)など安価で気軽に日本酒が楽しめると評判で、これまでに延べ約9千人が来店した。新型コロナウイルスの感染拡大もあって2月は一時、客足が冷え込んだが、「最近は閉店を惜しむ客の駆け込み需要があった」(担当者)という。

 新年度は県内のイベントへの出店も計画。現在の客層は50~60代が中心だが、若者の掘り起こしを目指す。営業はこれまで通り午後4~8時で、月曜定休。(金子晋輔)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ