『お蚕さんから糸と綿と』 大西暢夫 文・写真 (アリス館、1650円)

西日本新聞 こども面

 ●養蚕を通して思いを紡ぐ

 滋賀県と岐阜県の境にある山の麓の集落に、1軒だけ残っている養蚕農家。お蚕さんを育て、その繭から糸を取る。それが生糸になり、真綿にもなります。糸や綿は、命あるものから生まれ、多くの人の手をへて、ここにあります。人間本来の生活の営みや、生き物の命を衣食住にいただいていることを大西暢夫さんが伝えます。

★小学校中学年から

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ