博多どんたくパレード中止 安全確保できず、花自動車も中止へ

西日本新聞 石田 剛

悪天候以外での中止は初めて

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大型連休で全国最大規模の人出を誇る「博多どんたく港まつり」を主催する福岡市民の祭り振興会は30日、主要行事のパレードの中止を決定した。パレードを悪天候以外で中止するのは、祭りが現在の形になった1962年以降では初めて。どんたくの源流で、3月に国重要無形民俗文化財に指定された伝統行事「博多松囃子(まつばやし)」は、継承団体の「博多松囃子振興会」が実施する方針。

 どんたくは毎年5月3、4日に開催。例年200万人以上が訪れる。期間中、市内約30カ所に設けられる演舞台も中止になる見通し。振興会によると今年はパレードと演舞台合わせて504団体、約3万2千人が参加申し込みをしていた。

 福岡市で記者会見した振興会の藤永憲一会長(福岡商工会議所会頭)は「感染拡大が続く今の時期に、開催準備に取りかかること自体に集団感染のリスクがある」と説明した。西日本鉄道(福岡市)は、どんたくの名物の一つで電飾を付けた「花自動車」の運行を中止する方針。 (石田剛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ