「ずるいよ」客席にファンのメッセージ HKT月足、無観客公演で卒業

西日本新聞 古川 泰裕

 HKT48チームTⅡの月足天音(20)が30日、福岡市で「卒業」公演に臨んだ。新型コロナウイルスの影響で動画配信限定の異例の無観客卒業公演となったが、仲間たちや、サプライズで座席に張り出されたファンのメッセージに見守られながら、グループに別れを告げた。

 「キスは待つしかないのでしょうか?」で幕を開けた。センターに立った主役の目が、みるみる潤んでいった。誰もいない客席には、ファンが集めたメッセージがびっしり。劇場の隅では、特注のフラワースタンドが晴れの舞台を見届ける。会場に足を運べなくても「できる限りのことをしたい」というファンの熱意に、運営スタッフが応えて実現した演出だった。「最初から泣くつもりはなかったのに感動しすぎちゃって…。ずるいよ」。同期をはじめ多くのメンバーが涙を見せる中、月足本人も声を震わせた。

 涙をふいて迎えたユニットパートでは、同期の小田彩加(21)、武田智加(17)とともに「雨のピアニスト」を披露。真骨頂の妖艶かつキレのあるパフォーマンスで画面の向こうのファンを魅了した。

 2016年7月から活動してきた4期生として、初の卒業。身長153センチと小柄ながら大人っぽく整った顔立ちで、一度聞いたら忘れられない名前とともに人気を集めた。自身もまた大のアイドル好きで、SNSで「アイドルとして誰かの力になりたい」と吐露したこともあった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ