福岡市で0歳女児と母親が感染 熊本県は14人目の感染確認

西日本新聞 泉 修平 東 祐一郎 古川 努 白波 宏野

 福岡市は30日、同市南区の0歳女児と母親の20代無職女性の新型コロナウイルス感染を発表した。北九州市も検査の結果、同市小倉北区の60代男性の感染を確認。福岡県内の感染者は計29人となった。

 福岡市によると、女児は38度台の発熱があるが、軽症で食欲もあるという。20代女性に症状はない。2人とも県内の指定医療機関に入院した。女性の父親の60代会社員が28日に感染が確認され、同居する2人を濃厚接触者として検査していた。女児は新生児ではないという。

 北九州市の男性は持病があり、治療のため23日に市内の医療機関に入院。27日に発熱し、29日に42度の高熱が出て肺炎と診断された。病室は個室で医療関係者以外との接触はなく、状態は安定しているという。

 熊本市も同市南区の50代女性会社員と同市西区の70代女性の感染を発表した。熊本県内の感染確認は14人となった。

 50代女性は29日に感染が判明した50代自営業男性=同市西区=が経営する会社の従業員。26日に咽頭痛と軽いせきを発症。発熱はなく28日まで出勤していた。70代女性は自営業男性の親族で、症状はない。

 また、自営業男性が発熱の症状が出た25日、熊本県宇城市のゴルフ場「ワールドカントリー倶楽部」で、知人など11人と一緒にプレーしていたことが分かった。ゴルフ場がホームページで公表した。 (泉修平、東祐一郎、白波宏野、古川努)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ