ボルト型USBメモリー誕生 ネジチョコから着想、北九州の新土産に

西日本新聞 北九州版 岩佐 遼介

 公益財団法人「北九州観光コンベンション協会」は、ボルト型のUSBメモリーの販売を始めた。国際会議の参加者に記念品として配布したことをきっかけに、ものづくりの街・北九州を象徴する土産品として商品化した。

 USBは長さ5・6センチ、差し込み口をカバーするネジの頭部は幅3・6センチで、容量は8ギガバイト。昨年3月、北九州市で国際会議を主催した東京大の三田吉郎准教授(電気系工学)が、チョコをボルト型にしたご当地銘菓「ネジチョコ」の発想と細部にこだわったつくりに感銘を受け、同協会に製作を依頼。国際会議でも会議録のデータを入れて配布した。遊び心のあるデザインが好評を集めたという。

 商品化に当たり、同協会はネジ頭部に小倉城と桜のデザインを印字したが、企業や団体のロゴや名前に代えることもできる。将来的な販路拡大を見据えながら、同協会直営の土産物店「北九州おみやげ館」(門司区)で販売している。

 税込み2200円。誘致部の柴田雄一郎MICE推進課長は「USBを機に、市外の人にも北九州を好きになってもらえたら」と話している。問い合わせは同館=093(321)6399。 (岩佐遼介)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ