LINEでコロナ相談応じます 福岡県と福岡市、症状に応じ自動回答

西日本新聞 ふくおか版 前田 倫之

 福岡県と福岡市は、無料通信アプリLINE(ライン)を通じて体調や年齢、病歴、海外渡航歴などを入力すると、適切な行動に向けた情報を自動で回答する無料の情報提供サービス「福岡-新型コロナ対策パーソナルサポート」を始めた。

 専門家が監修した複数の質問に回答すると、判明した感染リスクに応じて県内の相談窓口の連絡先や受診の必要性などを表示する。自動応答システムを活用したQ&Aや、メッセージ機能を介して提携の医師に相談もできる。

 県は入力されたデータを研究機関に提供、分析してもらい、県内の流行状況の実態把握に役立てる。同様の情報提供は神奈川県など10都府県以上が既に実施している。

 サービスはラインに登録後、県のホームページなどにあるQRコードを読み込み、「友だち」に追加すれば利用できる。県新型コロナウイルス感染症対策本部は「多くの人に自分の状況を把握してもらい、必要な行動を知ってほしい」としている。 (前田倫之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ