青信号に変わったのに横断歩道を渡らず、その場に立ち止まったままの…

西日本新聞 社会面 入江 剛史

 青信号に変わったのに横断歩道を渡らず、その場に立ち止まったままのお年寄り。つえを持っていない方の手で「どうぞ」と促す。左折で横断歩道を横切ろうとする車に、先に行くよう伝えたのだ。2、3台の車が通り過ぎてから、ゆっくり歩を進めた。

 お年寄りの心遣いともとれるが、私が暮らす佐賀では、そう素直に受け取れない。横断歩道を渡っていると、待ち切れないかのように、じわじわと距離を詰めてくる車が目立つ。「お先に」と言わんばかりにドライバーが片手を上げ、すぐ目の前を車で突っ切っていくこともある。

 横断歩道を渡る人の通行を車が妨げるのは道交法違反なのだが、歩行者の方が車の動きを警戒しつつ足早に横断しているのが現状だ。佐賀県は人口10万人当たりの人身事故件数が全国ワーストの水準。車優先の運転に出くわすたびに思う。事故のリスクを冒してまで先を急ぐ理由が本当にありますか。 (入江剛史)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ