JR九州がスマホ定期券を試験導入 佐賀の2高校、4月から

西日本新聞 佐賀版 布谷 真基

 JR九州と決済代行のウェルネット(東京)は、駅に足を運ぶことなくスマートフォンで通学定期券を購入できる「スマホ定期券」のサービスを、佐賀県の多久高(多久市)と太良高(太良町)に通う生徒を対象に4月1日から試験導入する。定期券のオンライン化はJR九州で初。

 スマートフォン上で1、3、6カ月の通学定期券を購入可能。定期券を画面に表示でき、係員に画面を提示して列車を乗降する。利用には高校の事務担当者に申し込み、ウェルネットのアプリ「バスもり!」をダウンロード、アカウント作成が必要となる。

 駅無人化が進み、定期券購入が難しくなっていることを受けた対応。中多久駅(多久市)または多良駅(太良町)から、鍋島~肥前大浦(長崎線)、肥前山口~高橋(佐世保線)、久保田~鬼塚(唐津線)、山本~伊万里(筑肥線)の各駅が対象となる。 (布谷真基)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ