自粛要請に 独自の「熊本方式」 市が5段階の警戒レベル導入

西日本新聞 古川 努

 熊本市は31日、市民に外出・移動の自粛を要請する判断基準として、独自に5段階の「リスクレベル」を導入した。1週間ごとに判定・公表し、市民と危機意識を共有する。市によると全国初の取り組み。

 感染者数に応じて、正常=国内ゼロ▽レベル1・注意=国内で発生▽同2・警戒=市内で新規感染発生▽同3・警報=市内で市中感染2人以上か新規感染3人以上▽同4・特別警報=市中感染4人以上か新規感染5人以上-と設定。上がると「拡大傾向」、下がると「収束傾向」とし、拡大傾向では1段階上の対応を取る。

 31日現在は「レベル3」だが拡大傾向にあり、市民に「レベル4」の「不要不急の外出自粛」「県外への移動自粛」「すべての催事の休止」を要請している。

 感染者が増大した札幌市のデータを基に、市の専門家会議が作成。大西一史市長は「“熊本方式”は他の自治体でも適用できるはず」と話す。(古川努)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ