新型コロナ、久留米市で感染2人目 40代男性、福岡市に通勤

西日本新聞 片岡 寛 山口 新太郎

 福岡県久留米市は1日、市内に住む40代男性会社員の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。市内の感染確認は2人目。1人目の20代女性と接点はない。

 市によると、男性は福岡市の職場に自家用車で通勤し、3月24日まで出社。同日、39度の発熱や関節痛の症状が出て、25日に久留米市の医療機関を受診した。改善せず31日に帰国者・接触者外来を受診。現在は市内の感染症指定医療機関に入院、軽症という。男性は25日以降、自宅で療養していた。同居家族がいるが人数や構成は確認中。最近の海外渡航歴はない。

 一方、1人目の感染女性と同居する家族5人のPCR検査の結果は、全員陰性だった。市は5人以外に濃厚接触者はいないと判断。家族が全員陰性だったため、女性が海外から帰国した20日から発症した28日までの行動歴は、疫学的に公表の必然性が低いとして、明らかにしなかった。 (片岡寛、山口新太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ