新型コロナ、北九州市で新たに21人 病院内でクラスター発生か

西日本新聞

 北九州市は1日、門司区の新小文字病院の医療従事者17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このほか4人の陽性も確認した。同病院は、3月31日に感染が判明した同区の80代男性の入院先で、市は院内感染によるクラスター(感染者集団)が発生したとみて、厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請した。

 1日は同病院の医療従事者48人のPCR検査を実施し、17人の感染が判明した。重症者はいないという。2日以降、病院職員約600人と入院患者183人の検査も実施する。

 市によると、1日に確認された感染者の一部は、指定医療機関への入院の調整が付かず、自宅待機しているという。北橋健治市長は「県とも協力して入院先を確保しないといけない。医療崩壊を絶対に防ぐためにあらゆる努力をする」と話した。

 医療従事者以外の感染者4人は同市八幡西区の80代男性、同市小倉北区の30代男性、同市小倉南区の60代男性、市外の10代男性で、3月25日から1日の間に発症した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ