無料弁当で親子支援「こんな時だからこそ」 親不孝通り商店会が配布

西日本新聞 ふくおか都市圏版 御厨 尚陽

 新型コロナウイルスの影響を受け、自宅で過ごす時間が増えている親子をサポートしようと、福岡市中央区の親不孝通り商店会(約40店舗)が小学生以下の子どもに弁当を無料配布している。

 臨時休校を受けて3月11日から同区舞鶴1丁目の長浜公園で配布。町内会や企業からの支援金、食材を使い1日30食準備。オムレツや焼きそばなど日替わりでメニューを変えている。

 お好み焼き店を経営する梶谷武志副会長(52)が毎日午前6時から調理する。ウイルスの感染拡大で店の売り上げは半減しているが、「地域あっての商売。こんな時だからこそ、支え合って絆を強めたい」。子ども2人を連れて弁当を受け取った近所の女性(34)は「家で毎食作ると大変。助かります」と語った。

 配布日時は平日の午前11時半~午後1時半。なくなり次第終了する。取り組みは6日まで続ける。 (御厨尚陽)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ