経路不明の感染、福岡で急増 専門家「大幅拡大の懸念」

西日本新聞 社会面 岩佐 遼介 東 祐一郎 黒石 規之

 福岡県内で1日、日ごと最多となる32人の新型コロナウイルス感染が確認されたが、感染ルートが把握できないケースが急増している。市中感染の拡大が懸念され、専門家は「今後、感染者が大幅に増える可能性も否定できない」と指摘。院内感染などで「クラスター」(感染者集団)が発生したケースと異なり、それぞれに感染ルートをたどる必要があり、行政の担当者からは「対応が難しい」との声が漏れる。

 「1人でも大変なのに…。現場が凍り付いた」。北九州市の担当者は、こう打ち明ける。3月31日に新たに感染が確認された10人のうち、海外渡航者や感染者との濃厚接触者は3人だけ。残る7人は10~90代と年齢もばらばらで、居住区もほぼ市内全域に広がっていた。

 7人が同じ施設や場所に行ったことも確認できておらず、市は「クラスター感染ではない」としている。7人の行動履歴などの把握は難航し、31日には80~90代の感染者が高齢者施設に入っていたかどうかも公表できなかった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ