コロナ、福岡で新たに32人 院内感染も 知事は週末の外出自粛要請

西日本新聞 一面

 北九州市は1日、新小文字病院(同市門司区)に勤務する医療スタッフ17人が新型コロナウイルスに院内感染したとみられると発表した。同病院は、3月31日に感染が判明した同区の80代男性の入院先で、市はクラスター(感染者集団)が発生したとみて、厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請した。市はこのほか10~30代の男性4人の陽性も確認した。

 市は1日に同病院の医療スタッフ48人のPCR検査を実施し、17人の感染が判明した。2日以降、病院職員約600人と入院患者183人の検査も実施する。

 福岡市も1日、30~70代の男女計5人の感染を発表した。博多区の60代男性会社員は重症。同区の40代女性は介護老人保健施設「楽陽園」の看護師という。

 両市を除く福岡県内では、久留米市の40代男性会社員、糸島市の50代会社員の夫婦など計6人の感染が判明。県内で同日判明した感染者数は計32人で最多を更新、これまでの合計は78人となった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ