福岡の感染者が計100人に、経路不明は42人 老健施設ではクラスターか

西日本新聞 一面

 福岡市は2日、同市博多区の介護老人保健施設「楽陽園」の入所者6人と職員2人の計8人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に施設で働く看護師の40代女性の感染が確認され、PCR検査を実施していた。施設の感染者は計9人。市は市内初のクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

 施設には99人が入所し、53人の職員が勤務。2日に感染を確認した入所者6人は70~90代の男女、職員2人は看護師の40代男性と介護職員の20代女性。いずれも軽症か無症状という。入所者では1人が感染症指定医療機関に入院したが、5人は施設内で療養する。職員2人は入院先が決まるまでは自宅で待機する。

 この日は最初に感染が判明した看護師が担当するフロアの入所者30人と職員16人のPCR検査を実施、8人が陽性、38人が陰性だった。3日はほかの職員36人もPCR検査を実施するが、残りの入所者69人は看護師が担当しない別フロアに入居しているため、健康観察にとどめるという。

 同市ではこのほか30~90代の男女4人の感染も確認。このうち3人はこれまでに感染した家族などの濃厚接触者だった。

 福岡県では、北九州市7人、糸島市2人、中間市1人の感染も確認し、2日感染が判明したのは計22人。県内で確認された感染者数は計100人となった。6人は今月2日までに退院した。県によると、100人のうち感染経路不明は42人に上る。

 県内では2月20日に福岡市で初の感染を確認。3月26日以降は連日感染者が続き、同31日は17人、今月1日には32人の感染が判明した。

 北九州市によると、2日に感染を確認した7人のうち4人は、3月31日に感染が判明した同市小倉南区の30代男性が受診していた市内の医療機関のスタッフ。医療機関は入院患者は受け入れておらず、外来診察は停止している。

 医療スタッフ17人の感染が判明した新小文字病院(同市門司区)では、医療スタッフ2人の感染を新たに確認。同病院は2日、17人の大半が、最初に感染が確認された入院中の80代男性との接触があったことを明らかにした。1日に感染が判明したのは20代~50代の医師や看護師、薬剤師ら。いずれも2週間以内の海外渡航歴はないという。

 2日に感染が判明した7人のうち残る1人は10代の男性という。同市の感染者は計42人となった。

 糸島市の2人は70代飲食業女性と50代会社員女性。70代女性は3月13~21日に計3回、感染が判明している日産自動車九州の20代男性従業員を接客していたという。中間市の感染者は40代男性会社員。

 九州では2日、長崎県で3人、大分県で1人、鹿児島県で1人の感染が新たに判明した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ