梨畑に白いじゅうたん 伊万里市 受粉や花摘み作業ピーク

西日本新聞 佐賀版 古賀 英毅

 佐賀県内有数の梨の産地、伊万里市では露地の畑などで梨の白い花が満開となり、農家が受粉や花摘みに追われている。

 JA伊万里によると市内の梨生産面積は約130ヘクタールで大部分は施設栽培。完全ハウス栽培の梨は小さな実を付けているが、10ヘクタールほどの露地や雨よけのカバーをしただけの場所ではまだ花の時期だ。開花は暖冬の影響で例年より4、5日早いという。

 同市松浦町提川では1ヘクタールほどの畑に白いじゅうたんが敷かれたように梨の花が咲いていた。花摘み作業をしていた百武繁美さん(78)は「大変ですがこれをしないと実が太らない」と話していた。 (古賀英毅)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ