北九州市は「感染拡大警戒地域」 市長がコロナ対策会議で見解

西日本新聞 社会面 内田 完爾

 北九州市の北橋健治市長は3日の市新型コロナウイルス感染症対策会議で、市内の感染状況について「『感染拡大警戒地域』に該当するのではないか」との認識を示した。同警戒地域は国の専門家会議が示した感染状況の3区分で最も深刻。市長の判断を受け、市教育委員会は全ての市立小中高など計201校の休校を17日まで延長すると発表した。

 北橋市長の判断は(1)2日までに市内の感染者が42人に急増した(2)市内各地で発生している(3)感染経路が不明な人が多い-ことなどに基づく。市長は対策会議後の記者会見で「一層の感染拡大防止対策が必要な段階に入った」と強調した。

 休校は福岡市と同じ期間で、20日からの再開を目指す。始業式は6日に実施する。 (内田完爾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ