朝倉から、時を超え異国で役立つ こども記者、山田堰を歩く(中)

西日本新聞 こども面

 中村哲 (なかむらてつ) 医師 (いし) は2003 (ねん) からアフガニスタンで (せき) 用水路 (ようすいろ) づくりを (はじ) めました。「 (みどり) 大地 (だいち) 計画 (けいかく) 」と () づけたかんがい事業 (じぎょう) です。3年前 (ねんまえ) からしていた井戸 (いど) () りだけでは (かん) ばつによるうえで (くる) しんでいたアフガニスタンの (ひと) をすくえないと (おも) ったからです。中村 (なかむら) 医師 (いし) 事業 (じぎょう) (すす) めるうちに、なぜ福岡 (ふくおか) (けん) 朝倉 (あさくら) () 山田 (やまだ) (せき) 注目 (ちゅうもく) したのでしょうか?

紙面 (しめん) こども記者 (きしゃ) 山田 (やまだ) (せき) (ある) (ちゅう) )はこちら

 「中村 (なかむら) 先生 (せんせい) 山田 (やまだ) (せき) になんども (あし) (はこ) び、ときには3日 (みっか) 連続 (れんぞく) (せき) (かわ) (なが) れを () つめていました」と徳永 (とくなが) 哲也 (てつや) さん(73)。そして、こう () ったそうです。

 「 (なが) れに (さか) らわない角度 (かくど) (せき) (なな) めにつくられているので洪水 (こうずい) (つよ) い。 (ひと) (ちから) でつくられ、ほぼ (おな) (かたち) (むかし) から利用 (りよう) されている。アフガニスタンに () っている」。アフガニスタンの (かわ) は、山田 (やまだ) (せき) がある筑後川 (ちくごがわ) のように (なが) れがはやく、あたらしい技術 (ぎじゅつ) よりも (ひと) (ちから) (おお) きな (たよ) りになるアフガニスタンの現状 (げんじょう) にぴったりと (かんが) えたのです。

 「中村 (なかむら) 先生 (せんせい) 医者 (いしゃ) であり、工事 (こうじ) をする専門家 (せんもんか) ではありませんでしたが、ひとりで勉強 (べんきょう) して工事 (こうじ) 先頭 (せんとう) () ちました。まるで古賀 (こが) (ひゃく) (こう) さんのようでした。先生 (せんせい) がつくった図面 (ずめん) はとてもわかりやすく、おおくの (ひと) 工事 (こうじ) 参加 (さんか) できる (たす) けになったと (おも) います」と徳永 (とくなが) さん。

  (みどり) 大地 (だいち) 計画 (けいかく) によってアフガニスタンでは、福岡 (ふくおか) () 半分 (はんぶん) ほどの (ひろ) さになる1 (まん) 6500ヘクタールもの土地 (とち) (たがや) せるようになりました。「朝倉 (あさくら) 先人 (せんじん) たちの知恵 (ちえ) 現地 (げんち) (ひと) () きるか () ぬかの努力 (どりょく) 。これが (ちから) となってアフガニスタンが () まれ () わりつつありますよ」。朝倉 (あさくら) () 講演 (こうえん) 中村 (なかむら) 医師 (いし) () (かがや) かせて (はな) したそうです。

 徳永 (とくなが) さんは昨年 (さくねん) 4月 (がつ) にアフガニスタンを訪問 (ほうもん) 中村 (なかむら) 医師 (いし) 現地 (げんち) 人々 (ひとびと) がつくった (せき) 山田 (やまだ) (せき) にそっくりで目頭 (めがしら) があつくなったそうです。感動 (かんどう) している徳永 (とくなが) さんを () 中村 (なかむら) 医師 (いし) はうれしそうにほほえみ、 (なが) 握手 (あくしゅ) () わしました。しかし、その (とし) () れ、12月 (がつ) 4日 (よっか) 悲劇 (ひげき) (おそ) いました。中村 (なかむら) 医師 (いし) 凶弾 (きょうだん) (たお) れたのです。

 生前 (せいぜん) 中村 (なかむら) 医師 (いし) 徳永 (とくなが) さんに「朝倉 (あさくら) (さん) (れん) 水車 (すいしゃ) 有名 (ゆうめい) だけど、この山田 (やまだ) (せき) はおおくの (ひと) () られていない。この世界 (せかい) にほこれる (せき) をもっと発信 (はっしん) するのもあなたの役割 (やくわり) ではないか」と () ったそうです。この言葉 (ことば) 刺激 (しげき) され、徳永 (とくなが) さんは山田 (やまだ) (せき) 知識 (ちしき) (ふか) め、そのすごさを発信 (はっしん) (ひろ) (つた) えることに (ちから) () れるようになりました。

 =つづきは4日 (よっか)

中村哲 (なかむらてつ) 医師 (いし)  1946 (ねん) 福岡 (ふくおか) (けん) () まれ。84 (ねん) にパキスタンで医療 (いりょう) 活動 (かつどう) (はじ) めるが、戦乱 (せんらん) (となり) (くに) アフガニスタンから () げてくる患者 (かんじゃ) がふえたのでアフガニスタンにも病院 (びょういん) をつくった。2000 (ねん) (かん) ばつに (くる) しむアフガニスタンの (ひと) () て、医療 (いりょう) (まえ) (みず) 必要 (ひつよう) (かんが) え、井戸 (いど) () (はじ) めた。さらに人々 (ひとびと) 平和 (へいわ) なくらしをするためには農地 (のうち) がかかせないと「 (みどり) 大地 (だいち) 計画 (けいかく) 」を () て、03 (ねん) から用水路 (ようすいろ) (せき) づくりをスタート。つくった井戸 (いど) は1600 (ほん) 用水路 (ようすいろ) (なが) さ27キロメートル、 (せき) (かず) (ここの) つ。19年12月 (ねんがつ) 4日 (よっか) 、アフガニスタンのジャララバードで銃撃 (じゅうげき) されて () くなった。73 (さい) だった。

 ■中村 (なかむら) 医師 (いし) 物語 (ものがたり) () んで (かんが) えよう 学習 (がくしゅう) プリントができました

 中村哲 (なかむらてつ) 医師 (いし) 物語 (ものがたり) 砂漠 (さばく) (みどり) にかえたお医者 (いしゃ) さん」(3月 (がつ) 10 (から) 19 (にち) 掲載 (けいさい) 全6回 (ぜんろっかい) )を () んでとりくむ学習 (がくしゅう) プリントができました。小学校 (しょうがっこう) (てい) 学年 (がくねん) (ちゅう) 高学年 (こうがくねん) 中学生 (ちゅうがくせい) () けの3パタ (さんぱた) () があります。

 プリントには「 (みず) がないと (こま) ることは (なに) ?」「『貧困 (ひんこん) 』ってどういうこと?」など、それぞれ2、3 (もん) 質問 (しつもん) () いてあります。文章 (ぶんしょう) () んで自分 (じぶん) (あたま) (かんが) え、 (ひろ) 世界 (せかい) () () けるきっかけにしてください。

 プリントは、西日本新聞 (にしにっぽんしんぶん) 中村哲 (なかむらてつ) 医師 (いし) 特別 (とくべつ) サイトの () ども () けページにある「教材 (きょうざい) (よう) 素材 (そざい) 」をクリックすると () られます。物語 (ものがたり) 記事 (きじ) がのった紙面 (しめん) () めます。

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ