福岡市で12人院内感染 クラスター3件目

西日本新聞 一面

 福岡市は4日、同市早良区の総合病院、福岡記念病院(239床)で入院患者2人と職員10人の計12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3日に脳神経外科を担当する20代男性看護師の感染が判明し、PCR検査を実施していた。市は院内感染によるクラスター(感染者集団)が発生したとみて厚生労働省のクラスター対策班に対応を要請した。同病院は当面、外来診療と救急搬送の受け入れを休止する。

 同病院は35の診療科があり、かかりつけ医やクリニックより高度な治療や相談が必要な患者を受け入れる「地域医療支援病院」に認定されており、同区や周辺住民への医療提供態勢に影響を与えるのは必至だ。

 同市でのクラスター確認は3日連続で、博多区の介護老人保健施設、東区の二つの住宅型有料老人ホームが絡む介護福祉施設グループに続き3件目。福岡県内では、北九州市門司区の新小文字病院を含め4件目。

 福岡市によると、福岡記念病院で4日に陽性を確認したのは、脳神経外科病棟の70~80代の女性患者2人と、20~40代の看護師と看護助手の男女9人。感染者は全員、同病院の隔離エリアに入院した。市は5日に同病棟の医師や残りの患者のPCR検査を実施する。

 同病院は「診療制限の解除時期は状況を確認しながら検討する」とのコメントを発表。同市の石井美栄健康医療部長は記者会見で「ほかの医療機関に受け入れなどを協力してもらう」と話した。

 同市では4日、同病院を含めて1日としては過去最多の26人の感染を確認。福岡県によると、同県豊前市でも男性1人の感染が判明した。このほか、九州では同日、佐賀県で1人、長崎県で2人、熊本県で1人、大分県で1人、宮崎県で1人の感染が確認された。 (新型コロナウイルス取材班)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ