県境越える「親密感染」…家族会食で他県に分散か

西日本新聞 熊本版 古川 努 壇 知里

 熊本市で3日に新型コロナウイルス感染が確認された女性3人のうち、北区の80代女性は福岡市で会食した親族間で感染した可能性が高い。家族や親族という「親密」な関係の中で小さな感染集団が形成され、そこから外部へ、県外へとウイルスが運ばれるルートの存在が浮かぶ。

 熊本市などによると、80代女性は3月21日、福岡市の飲食店で親族計11人と会食。その後、福岡市で感染が確認された同市の30代男性医師、佐賀県伊万里市で感染が確認された医師の60代母親と同席していた。男性医師は24日まで大分市在住で、勤め先の接触者調査も行われたが全員陰性。感染源は不明のままだ。

 熊本市によると、親族の誰かが既に感染していたのか、それとも飲食店内での市中感染なのかは特定が難しい。感染者が続出する中、感染源をたどる調査をする余裕もないという。市は「県境を越えて感染経路がつながっている」とみるが、福岡市からの情報提供を端緒にして、運良く発見に至ったのが実情だ。

 一方、熊本市西区の50代女性は、これまでに3人の感染が判明している家族経営の馬肉料理店に勤務。普段は本店で働き、系列店も手伝っていたという。本店では同居する70代義母、系列店では女性の夫の50代店主と50代女性従業員の感染が確認されている。店内感染か、家族内感染かの断定は難しいが、このケースでも親しい関係の中で感染が広がっているとみられる。

 県内18人目に感染が確認された熊本市東区の20代女子学生は、3月26日から4泊5日で関西方面に旅行。滞在中の28日に発症したという。行きの交通機関は不明。復路は30日午後1時50分関西国際空港発熊本行きの航空便を利用し、同3時半熊本空港発の九州産交のリムジンバスに乗車したという。市は「不安があれば保健所に相談を」と呼び掛けている。 (古川努)

   ◇    ◇

 JR九州は4日、新型コロナウイルス感染が確認された女性2人が九州新幹線に乗り新八代駅(八代市)で降車したという宮崎市の発表を受け、同駅構内を消毒した。2人は3月30日に利用したという。 (壇知里)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ