富士山の噴火

西日本新聞

 古文書など歴史資料では、少なくとも10回起こったことが確認されている。最も古いのは781年。溶岩流の規模が最大だったのは864年の「貞観噴火」で、流れ出た溶岩の上に青木ケ原樹海が形成された。1707年の「宝永噴火」は、噴出した灰や石などの「火砕物」が最大で、都心付近にも灰が積もったとされる。それ以降、噴火は約300年間確認されていない。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ