雲仙岳で山開き 参加者絞り、1年の安全祈る

西日本新聞 長崎・佐世保版 真弓 一夫

 春の登山シーズンを迎えた雲仙岳の「山開き式」が5日、長崎県雲仙市小浜町雲仙の仁田峠展望所であり、多くの登山客の来訪と1年の安全を祈願した。

 「雲仙を美しくする会」(七條健会長)主催の恒例行事。例年は旅館や行政関係者、市民、登山愛好家など約60人が参列し、神事や登山道などの清掃奉仕を行うが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止で参加者を約30人に絞り、清掃奉仕は見送った。

 七條会長(82)は「雲仙のきれいな空気を吸い、健康づくりを楽しんでほしい」などと山の安全と感染の早期終息を雲仙の守り神の普賢神社に祈願。「元気な雲仙を持続できるように頑張ろう」と呼びかけた。 (真弓一夫)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ