人工呼吸器とエクモ

西日本新聞

 肺炎などで血液中に酸素を取り込めなくなる呼吸不全の患者に使用する医療機器で、肺の代わりに呼吸の役割を果たす。人工呼吸器では、気管挿管を行い、酸素を含んだガスを送って肺を膨らませる。自発呼吸ができない場合は、人工呼吸器に全ての呼吸を任せる「強制換気モード」を適用する。人工心肺装置「ECMO(エクモ)」は、血液を管で体外に導き出して酸素供給する機器で、人工呼吸器でも回復が難しい患者に使用。出血など合併症の危険を伴い、使いこなすには高度な専門知識と経験が必要とされる。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ