「九年庵」春の一般公開見送り 初の中止、新型コロナで

西日本新聞 佐賀版 金子 晋輔

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県神埼市は、5月3~5日に予定していた国名勝「九年庵」の春の一般公開を中止すると発表した。春は2010年から、秋は1988年から毎年公開してきたが、中止は初めて。

 九年庵は、佐賀の実業家伊丹弥太郎が建てた別邸と庭園で構成。モミジやツツジなど約700本が咲き誇る県内有数の観光スポットとなっている。だが、感染が増加している東京都や大阪府、福岡県などからの来客も多く、春の公開を見送った。担当者は「モミジとツツジを眺めながら、澄んだ空気を体感してほしかったが残念だ」と話した。(金子晋輔)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ