福岡県、平日昼も外出自粛呼び掛け 休業要請は先送り

西日本新聞 一面 前田 倫之 大坪 拓也

 福岡県の小川洋知事は7日、新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の対象地域となったことを受けて記者会見し、施設などへの休業要請を当面見送ることを明らかにした。今後の県内の感染状況を見ながら慎重に判断する。これまで夜間の繁華街や週末に限っていた外出自粛要請は、平日の昼間にまで拡大し、県内でのイベント開催自粛も主催者に求めた。

 市町村立学校への休校延長要請も見送り、宣言を受けて市町村で改めて判断するよう求めた。保育園は感染防止策を講じて従来通り対応する。

 小川知事は会見で「自粛要請が法的な根拠を得た。県民の皆さまの受け取りも変わるので、今まで以上に取り組みが強化されることを期待する」と述べた。宣言を受けた県の新たな措置として(1)通院、生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外での運動・散歩などを除き、外出を控える(2)在宅勤務、時差出勤、自転車通勤などで人との関わりを減らす(3)帰省や旅行など、都道府県をまたぐ移動は極力避ける(4)感染拡大につながる恐れのあるイベント開催を控える(5)生活必需品の買い占めをしない-ことを強く要請した。

 宣言が発令されれば、学習塾、劇場、映画館、ナイトクラブなどに休業要請ができるが、国の基本的対処方針は「まず外出の自粛要請を行う」と明示。小川知事は「感染状況や外出自粛の効果をみながら、将来的に施設の休業要請を発動できるよう準備する」と述べた。休業要請をした場合の事業者への補償は「検討していない」と明言した。

 県内の感染者数は7日時点で計199人。安倍晋三首相は、福岡県を対象地域に加えた理由として、感染者数が倍増する期間が全国で最も短いことや、感染経路が不明の割合が高いことを指摘している。

 また、小川知事は無症状や軽症の患者の受け入れ先として、200床規模の県内の民間ホテルと最終調整していることを明らかにした。 (前田倫之、大坪拓也)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ