ネット購入したマスク届かず…「コロナ詐欺」福岡で相次ぐ

西日本新聞 社会面 森 亮輔 小川 勝也

「社債購入を」不審電話も

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、福岡県内ではインターネットの通販サイトでマスクなどを購入したのに商品が届かず、代金をだまし取られる被害が6件相次いでいる。詐欺グループによる偽サイトとみられ、県警は詐欺事件として捜査。ほかにも製薬会社の社債購入などを募る不審な電話がかかったとの相談もあり、感染拡大に便乗した詐欺が横行している可能性がある。

 県警によると、40~50代の男女6人は3月、品薄のマスクや消毒液、除菌スプレーを購入しようと通販サイトでそれぞれが注文。代金計8万550円を支払った。中にはスウェーデン製の高級マスク3枚(計約2万5千円)を注文した女性もいたが、いずれも商品が届かず、県警に相談した。

 サイトの運営会社は実在せず、県警は感染拡大に便乗した犯行とみて警戒している。

 福岡市の80代女性2人の自宅には、実在の大手製薬会社や大手商社社員をかたる男から電話や封書が届いた。「新型コロナの治療薬開発のため社債を購入しませんか」と持ち掛ける内容で、1人は現金300万円の支払いを要求された。不審に感じて警察に相談し、被害はなかったという。

 建設会社社長の30代男性の携帯電話には今月6日、「新型コロナで売り上げが落ちている会社に融資する」と不審な電話があったという。

 福岡県消費生活センターによると県内では「新型コロナの影響で金の相場が上がると購入を勧められた」(80代男性)「コロナに効くとうたうサプリは本当か」(40代女性)などと悪徳商法とみられる相談が寄せられている。

 県警は「社会不安の高まりに乗じて犯罪をたくらむ人もいる。信じないで」。国民生活センターの担当者も「不審に感じたら家族や周囲の人に相談してほしい」と注意を呼び掛ける。

(森亮輔、小川勝也)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ