宇美町商工会女性部のメンバーは…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 後藤 潔貴

 宇美町商工会女性部のメンバーはマスク120枚を手作りした。地元の宇美八幡宮で12日にあるはずだった子安大祭御神幸で使うもの。新型コロナウイルス対策として、稚児行列に参加する子どもたちに付けてもらおうと一枚一枚心を込めた▼しかし、大祭は規模が縮小され、大勢の人が集まる御神幸は中止に。宙に浮いたマスクは御神幸に参加予定だった子どもたちに記念品として贈られることになった。仕方ないの一言で済ませなければならないのが切ない▼志免町の今月の広報誌は、延期になった東京五輪の聖火のトーチが表紙を飾り、巻頭特集で町内の聖火リレーのコースなどを紹介している。編集締め切りが延期決定の前だったからだが、これもまた、仕方ない。楽しみを奪う、まったく憎いウイルスだ。 (後藤潔貴)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ