「感染者出たら…」保育所募る不安 登園自粛拡大、仕事休めぬ家庭も

西日本新聞 社会面 本田 彩子

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言に伴い、例外を除いて保育所や放課後児童クラブ(学童保育)の利用自粛を促す動きが広がっている。福岡県内では8日、保護者が仕事を休んだり、在宅勤務したりして登園を自粛するケースが目立ち始めた。普段通りに子どもたちを受け入れた施設側も、感染リスクは否定できないだけに葛藤がある。

 福岡市の場合、高島宗一郎市長が保育所などの利用自粛を呼び掛けたのは、7日夜の緊急記者会見。保育所や学童保育を開所とする一方で「警察や医療など絶対に子どもを預けないと仕事ができない人以外、自宅での保育をお願いしたい」と語り、施設側から保護者に周知するよう求めた。保育所を休んだ場合、保育料を日割り返金するとしている。北九州市も8日、認可保育所などへの登園自粛を保護者に求めた。

 福岡市博多区の保育所では同日、園児約60人が登園を自粛した。男性理事長は「まだ園から保護者に周知をしていない段階で、予想以上の方が自主的にお休みされた」と驚く。

 今後、どのような家庭に対して利用自粛をお願いすべきかはあいまいで、市から具体的指示はまだない。理事長は「親がどうしても仕事を休めない家庭は引き続き受け入れる」としつつ、「園には毎日何百人もの保護者と園児が出入りしている。感染リスクは極めて高い」と危機感を口にする。「もし感染者や濃厚接触者が出た場合、どう対応するべきかも分からず、不安は尽きません」

 小学生2人と保育園児、3人の子どもがいる同区の会社員の女性(40)は、来週以降は仕事を当面休み、家で子どもを見る予定だ。「これまで保育園や学童保育に頼り切りで仕事をしてきたが、先生たちにも家庭がある」と保育所の負担を考慮する。仕事を休めば収入も減りかねない。「家で子ども3人を見れば食費もかさむし、何より精神的、体力的にもきつい。先が見えない不安もある」と話す。

 息子(5)を保育所に預ける同市の行政書士の男性(40)は、妻が仕事を休めない。「子どもの感染リスクを考えて、自分が仕事を休んで子どもたちと家で過ごしたいが、毎日は休めない」。在宅勤務も希望するが、職場ではあまり利用が進んでいないという。

 小学校の一斉休校に伴い、受け皿となる学童保育の現場も悩ましい。北九州市の学童支援員の50代女性は「人数は減っているものの、子どもたち同士の接触は多く、3密(密閉、密集、密接)の状態は変わっていない。市は現場を直接見て、対策を考えてほしい」と訴えた。 (本田彩子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ