バイデン氏、民主の指名確実に 米大統領選 サンダース氏撤退表明

西日本新聞 総合面 田中 伸幸

 【ワシントン田中伸幸】米大統領選の野党民主党候補指名争いは8日、中道派のバイデン前副大統領(77)が指名を獲得することが確実になった。最左派のサンダース上院議員(78)が同日、予備選などで大敗が続いたことを受け、選挙戦からの撤退を表明。11月3日に予定される大統領選本選は、再選を目指す与党共和党のトランプ大統領(73)とバイデン氏による対決の構図が固まった。

 サンダース氏はネット上で声明を出し、国民皆保険制度の導入など自身の主張は広く支持を得られたとした上で「今後、バイデン氏に協力する」と表明した。

 1期目のトランプ氏は独善的な政策が目立ち、ウクライナ疑惑では弾劾裁判に発展するなど混乱が続くものの、保守層の白人を中心に熱烈な支持者に支えられている。大統領選の最大の争点に浮上した新型コロナウイルスを巡る対応では、現時点では世論から一定の評価を得て、全米規模の支持率が上昇基調にあるものの、トランプ氏を支持しない有権者は依然5割前後おり、バイデン氏が「反トランプ」層を結束できるかの戦いとなりそうだ。

 バイデン氏は上院議員を36年務め、オバマ前政権で8年間、副大統領。3度目の挑戦で初めて党候補指名を獲得することになる。

 民主党の候補指名争いは全米各州・地域に割り当てられた約4千人の代議員を予備選や党員集会の結果に応じて奪い合う仕組み。バイデン氏は2月末から勝利を重ねて独走状態に入り、サンダース氏に対する撤退圧力が強まっていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ