水沢VLBI観測所

西日本新聞

 1899年に前身の臨時緯度観測所が開設し、1988年に国立天文台の組織となった。所有する直径20メートルの電波望遠鏡は、小笠原村(東京)や石垣島(沖縄)、薩摩川内市(鹿児島)にもあり、4台を連動させて巨大な観測網を作り出す。昨年発表された、国際チームによる巨大ブラックホールの輪郭の観測では、直接撮影には参加していないが、本間希樹所長らが画像解析などで大きく貢献した。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ